おせち 早割

日本文化を満喫するお正月

日本文化を満喫するお正月

お正月といえば、クリスマスやバレンタインなど西洋文化のイベントが広まった現代社会で、最も大きい日本文化が色濃く残った行事。

 

海外ではクリスマスに家族で集まり、お正月は友達とどんちゃん騒ぎで花火で新年を迎えるという国も多いですが、日本に住む日本人なら新年は厳かに迎えたいものですよね。

 

クリスマスが終わってからは街も一気にお正月モード。正月は家族で海外旅行なんていう豪華なご家庭もあるかもしれませんが、そんなご一行をよそ目に我が家はふるさとへの帰省が定番です。できることなら帰省ラッシュに飲み込まれないうちに故郷へたどり着きたいところ。子供が冬休みに入ったらすぐ、ひとまず仕事がまだ終わらない旦那を置いて自分の実家へ。

 

旦那とは後で旦那の実家で合流というのがベストパターンです。実家に点いたらまずは大晦日前までゆっくりすごさせてもらって、旦那が仕事が終わる大晦日の二日前くらいから旦那実家へ移動します。

 

義両親や義兄弟と一通りお話をして、大掃除、そしてお餅や年越しそば、おせちなどなど材料を家族総出で一気にお買い物。お正月に向けてお店もにぎわっていて、ばたばたするけど、それがまたお正月の醍醐味、一気にお正月気分になるのでこれは欠かせません。

 

普段会う事のない義兄弟とも子供の話なんかで話が弾ませます。子供たちは子供たちで、盆と正月くらいしか会えないいとこ同士で楽しく過ごしていて、いとこのお兄ちゃんたちがうちのちびっこたちの面倒も見てくれれば最高です。義母さんが手作りのお餅を作ってくれて、丸めるのをみんなでお手伝い。大晦日には年越し蕎麦の準備やおせちの準備で台所は戦争状態!でもそれが楽しい!!年越しはみんなでそばを食べながら紅白歌合戦を見て、それが終わったら、起きてる子供たちを連れて除夜の鐘を打ちに行って善哉をいただく。ちょっと遅めの床について、起きれば新年!。朝一で新年の挨拶をお互いに済ませて、みんなでお屠蘇。

 

子供たちお待ちかねのお年玉をくばり、ひといきついたところで、全員着物にチェンジタイムです。せっかくの日本行事。着物ご一行様なんて格好良くて憧れます。皆着物に着替え終わったら初詣へ向かいます。周りの人のおお!という視線を浴びながら颯爽と歩きたいものです。できればそのまま親戚周りもしたいところです。次の日は初売りバーゲンに女性陣一行で並んで、ゲットした物を見せ合って交換したりして楽しみたいです。子供たちには、お父さんたちからコマや、凧遊びをならって遊んでほしいですね。普段しない昔の遊びが意外と楽しかったりするものですから。そして、昔我が家恒例だった、家族対抗ボーリング大会を開催して、大人もお年玉ゲットを狙いたい!とにかく家族皆、親戚一同集まって、日本の文化を存分に楽しむのが私の理想のお正月です。